« From Taipei | トップページ | 台湾のアルバム »

2007.01.05

台湾行ってきました。(林森北路のおもひで)

いまさらながら、あけましておめでとうございます。
1日~4日まで台北行っておりました。3回目の訪台。
(体重2kg増しで帰国しました。)

ゆえに、お正月気分まったく味わってないまま今日から
普通にお仕事です
(ええっ何事もなかったかのように働いてきましたですよ。)


ふう~、せめてお雑煮くらい食べたいかも?って感じ。

ものすごーく中途半端に台北から小龍包(鼎泰豊ですよー)
の写真だけアップしたりしましたが、
別に「ほら~っ、おいしそうでしょ?」
という自慢じゃないですからっ。(ホントか?)

ホテルのPCただで使えたんですけどね、どこが高速やねん!
と言いたいくらい遅い。寝そうになるくらい時間がかかった上
にいきなりエラーメッセージでちゃたりして。(でもUPされてた!)
文章も打ちたかったんですけどねぇ~
台湾といえばACERのPC。もちろん中文キーボードでありました。
たぶんどうにかすれば漢字は打てるんでしょうね
(まったくわかりませんがね


今回はホテルかなりよかったです。 『欧華酒店
こちらの台北ナビのキャンペーンで予約したので通常料金の
半分以下で泊まれました。
どうやらツアー客は入れないポリシーらしくこじんまりして
サービス○といった感じです。

場所はちょっとはずれてるけど地下鉄の駅にも近いし不自由
なかったです。このホテルなんと「林森北路(リンスンペイルー)」
突き当たりにありました。

リンスンペイルーといえば、日本人(駐在員)相手のカラオケクラブ
が軒を連ねてるところがある路だった記憶?
駐在員の皆様におかれましてはリンスンペイルー学校
(飲み屋ですからっ)で中国語を覚える(働いてる女の子が先生ね)
っていう定説があったりして。
それはもう皆様足しげく通ってらっしゃるらしい。(熱心な生徒?)

その昔、初めて台湾に行ったとき、現地の駐在員に連れて
かれました。”クラブ”ってところに。(クラブ↓デビューでした。)
モチロン私にも女の子つきました。。
名刺もらいました、中国語ので名前が書いてある上に思い切り「まゆみ」とか
書いてあるし。どこがマユミだ!という感じで。
みんな日本人の名前が源氏名でありました。

Taiwan1
聞き覚えがあってなんとなく懐かしかったということで。
(なにげで感慨ブカイのであった。)

台湾は会社に入って最初に担当させて頂いたお国でした。
なのでアジアの中じゃ一番馴染み深いのです。

台湾の人ってすごく親切。
でも、言葉がまったく通じないのが悲しいしナンダカ悪いな
って気分になる。
せめてホンの少しでも話せればもう少しコミニケーション
とれるのにな。

と、思った旅でした。

たぶん、昔もそんなことを思い中国語を習いはじめて
2ヶ月で挫折した経験アリだった。。。。(と、いうことも思い出した。)

写真はボチボチアップしますんで。また。

|

« From Taipei | トップページ | 台湾のアルバム »

コメント

おじゃまいたします。

コメントいただきありがとうございました。

当方今回3回目でしたが、台湾の人っていい人
多いですよね。今回も申し訳ないくらいいろい
ろ親切にしていただき、恐縮しっ放しの3泊4
日デシタ。
RIMOWAではお茶をご馳走になっちゃいマシタし
...(笑)

投稿: jeter | 2007.01.06 14:35

jeterさん
ご訪問頂きありがとうございます。
同じ3回目でしたか!
RIMOWAでお茶!?ということはRIMOWAの人も親切だったのですねぇ!?

そうそう、確かに、絶対必要ないにに、みんなダウンとかコート着てておかしかったですよね?

投稿: momoyacco | 2007.01.06 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/181515/13348954

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾行ってきました。(林森北路のおもひで):

» 言われなくてもわかってるんで!@台北デス [I LIVE FOR THIS by "j"eter]
行天宮のそばの足裏マッサージで60分1本勝負。 恥も外聞もなく、30分にしとけばよかったと後悔しつつ、大声あげて のたうちまわる。 「ココイタイ、アタマ悪いネ」...放っといてくれ! 昨晩は7〜8万人の人(いやもっと?)が集まった 台北101。....... [続きを読む]

受信: 2007.01.06 11:44

« From Taipei | トップページ | 台湾のアルバム »