« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008.07.27

かなりぬるい(水温)@由比ケ浜

ライブカメラで見る限りいまいちか?と思いつつ海行ってきました。
 
思ったより悪くなくのりやすいヒザ波。

 
 
またもやちょっと久々だったんだが一気に水がぬるーい!ロンスプじゃ暑かったです。しかし水着姿をさらすのは不可能な今(体型もだけど紫外線もねcoldsweats01)ってことで鎌倉ウエットランドによってラッシュガード買ってみました。最近のラッシュはSPF50とか表示されていて紫外線カットだそう。進化してますなっ!

PS。Wちゃん&Gちゃん、来ればよかったのにー!

| | コメント (6)

2008.07.26

そしてまた・・・・

今朝はお供を連れて行ってきました。

らんいんぐぅ用にnanoにお気に入りの曲を詰め込んで・・・・。

Run

J.Holiday, NEYO, USHER, Nelly.RIHANNA, Alicia, Joe, 青山テルマ etc....

適当に編集したつもりだったが、なんとなくウォームアップ、ラン、クールダウンな曲な並びになっていたcoldsweats01

ってなワケでらんにんぐ時間は15分only(少なっ)

(後半の曲はメローすぎて走れません・・・笑)

残り45分間歩いてみました。

本日はもうひとつのお供Baby-Gでタイム測定。

”たぶん1km”(推測)走るのに12分

えっ?遅くね?

っかめちゃくちゃ遅い?coldsweats01

このペースだと10km走るのに2時間か・・・・。

うーん、確か制限時間あったような・・・?

と、突如、不安になった土曜日の朝でした。coldsweats01

| | コメント (6)

2008.07.25

60年に一度しか会えないなんて・・・・

今日は今年一番の暑さじゃねーの?

って思うくらいの猛暑。

そんな中、なにを考えてるんだか?な、アウトドアランチ。(ありえねー)

マックで新作のジューシーチキンのセットを買って浜離宮まで行ってきました。

わかっちゃいたけど、もう、ねぇ、すんごい暑かったshock

まぁね、日中ね、午後も仕事するちゅーのに、この炎天下の中、わざわざ足を運んだワケというものがありましてね。

それは、、、、、

「60年に1度しか咲かない花」に会いたくてheart01




これです!
Ryu2

えっ?ビックアセロラですかぁ?

違いますってcoldsweats01

その名も「竜舌蘭」と申します。

60年待って、一度開花したら枯れてしまうというこの花(というか花なのか?みたいな)幻の花とも呼ばれてるそうです。開花するときにはぐんぐん伸びちゃうのかな?5mくらいになってました。


さて、肝心のお花は?

といいますと、、、、

Ryu1

なんとか、かろうじて、一番下の方だけ花が咲いてました


(だから、花なのか?という見栄えですが・・?なんだかサボテンっぽい?)



全部咲くまでにはしばらくかかりそうなので、まだまだ間に合いますよ!

60年に一度の晴れ姿heart04見るなら今がチャンスですhappy01

60年後また会えるかもしれませんが(どんだけ長生きだよ?(笑))60年後は間違いなくここでは働いておりませんしね。


 

都会のオアシス、浜離宮よりレポートでした。(笑)


PS.写真の背景がめちゃくちゃ都会っぽいでしょ?

| | コメント (4)

2008.07.23

とりあえず・・・・

朝から15分ウォーキングゥして15分ランニングゥしてきました。

ふーっ。

やれやれ。

Run1_2 

足汚いし、黒の靴下がいけてませんね・・・・・coldsweats01

| | コメント (4)

2008.07.20

てはじめに・・・・

1時間歩いてみました。

Run

ふ~っ。

やれやれ。

| | コメント (6)

2008.07.19

夏の夜の涼しい過ごし方!?

超・超・遅いUPですが、

先週、お誕生日会@屋形船に乗ってきました。

普通、屋形船って20人集めて貸切にしなきゃ乗れないっていうイメージだったのですが、最近は「乗合船」なるものがあるのです。

ただし、募集をかけて15人にみたないと出船不可なんていう場合もあるようですが、リクエストして、3日後には出船決定しましたー!って連絡がきましたし。この時期そんな心配は無用でしたね。女将いわく100人のりという超Bigな船に60人くらいはいたでしょうか?5~6人のグループが多かったですが、モチロン2人でもOK! ワケアリ風の男女ペアが多かったなぁ~(笑) 

そんな感じで結構賑やかな船内でありました。

だんだん日が暮れていく景色が堪能できちゃいますhappy02

Fune
デッキにあがることができて、風が心地よかったです。
振り返ると屋形船が20隻くらいまわりにおりました。coldsweats01
(日本の景気、実はいいのでは?って思っちゃう風景でした。)

Ca390412
お刺身盛り合わせ@船!!2人で1台でちゃいます。

Ca390415
2時間半のコースですが、ここお台場沖で停泊します。

停泊しつつ、揚げたての天ぷらが1品づつ運ばれてまいります。

アツアツでおいしいのでしたhappy01

実は5月にも屋形船にお仕事で乗りまして、今年2回目です。ちょっと夜風が肌寒かった5月より、やっぱり夏のが断然気持ちいいです!屋形船は夏がオススメです。

「船清」@品川にて

| | コメント (4)

2008.07.06

霧の中のサーフのち七夕祭り

いつの間にやら海水浴シーズンがはじまり、サーフインできる時間帯が制限されるようになっちゃってました。

朝入れるのは9時まで。

ってことで、週末5時起きしなきゃ海に行けない季節の始まりです。。(5時じゃ遅いという噂もありますが?)


昨日は久々に早起きしたつもりが海に入ったのは結局7時半。


9時まで1時間半(ちょうどよいともいう)海行ってきました。


しかし、朝からすごい霧、こんなのめずらしい。
ちょっとおどろおどろしい空気が漂います。

Photo


「The FOG」っていう映画ありましたよね、、、、?

波待ちしてると海からなにか現れそうな?そんな感じ。coldsweats02

なんか、でるかも?と思いつつ、由比ケ浜の坂の下で入ってましたが、意外とすいてるな?と思ったら
霧がすごくて見えなかっただけで、一瞬霧がうすくなり、センター方面をみたら、ものすごく人が入ってるのが見えました。別の意味で「でたっ!」って感じ?

これは上がってから撮影しましたが、一緒に歩いてたはずのTちゃがいつの間にか見失うほどの霧につつまれてました。

Photo_2

とおーくにいるのが見えますか?


まずい、これは遭難するかも?coldsweats02


(ってしませんけど。。)

さてさて、浜辺で生シラスとビールで海水浴気分を味わい、しばしお昼寝してたらいつの間にか晴れてきてバッチリ日焼けしてるし(やばっ)


うーん、日焼けしたくはないが、夏を感じます。
日本の夏は短いから満喫しないとすぐ終わっちゃいます。週末だけで数えたら、あと、何回遊べる?ってところでしょうか?


夏気分を味わうべく、そのあと、平塚の「七夕祭り」を見にいきました。

あんなに人がいる平塚ははじめて。

ものすごいことになってましたshock

P7050090


写真が縦になりませぬ?なぜだ?

| | コメント (2)

2008.07.04

ダイビングシーズンはじまる!?

ってことで久々に潜ってまいりました。(超遅報告です・汗)

南の島じゃありませぬ。

なんとか、水温20℃まで上がったという伊豆でございます。

ひっさびっさの東伊豆(八幡野)に行ってまいりました。今回パパラギのツアーに初参加です。

天気・・・・雨のち曇り

気温・・・ぼちぼち

水温・・・20℃

って感じで、さてとっ!と潜ってみましたら、

ぬわんと、海の中ウネウネです。bearing



ウネリまくりで酔っちゃいそう。wavewavewave
サーフィンじゃないからウネリいらないんだよー!(と心の叫び)

いろいろお魚みれたんですけどね。ウネウネでしたしマクロレンズのピントがどこであうのやらすっかりわすれてる始末。(言い訳です。はい。)

ってことで写真はほとんどありませぬ。

Yawatano
こいつきれいだったんだけど・・・・ピン甘ですね。。。coldsweats01 だめじゃん。


まぁね、ウネウネはまだしも・・・・

透明度↓
Toumeido
じぇんじぇん見えませんsign02
(見えないながらもなんか見てますね・・・?笑)


んーーーーsweat02

でも、まぁ、なんだか久々のダイビング(半年ぶり)で楽しくなっちゃって、潜りたい病にかかりました。

ってことでやっとこダイビングシーズン始動開始です!

さて、次はいつ行こうかな?
(井田か黄金崎に行きたいやも?)

そうそう、PADIだけだか知りませんが、半年すぎると「リフレッシュダイビング」のコースうけなきゃならないそうですよ。ワタクシ、これでも300本ダイバーですが、「ギリギリでしたねぇ~」と言われちゃいましたsweat01 セルフで潜っちゃう分には関係ないかもですがね?(って言っちゃいけないのかな?)

帰りは伊東の「まつ本」でアジのたたき定食。
これまたひっさびっさ。

20080630161725

おいしゅうございました。happy01

| | コメント (4)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »